ABOUT DEMOLITION WORK解体工事について

ほとんどの方が解体工事を何度も発注するなんてことはありません。
そのため、解体工事の知識もとぼしいことと思います。私たちの仕事がどんな仕事なのか皆さんに少しでも知ってもらうため、解体工事について簡単にご説明いたします。

建物ごとの解体方法Dismantling method for each building

コンクリート造の建物

コンクリートは重量があり折れに弱いため、解体作業時に壁が倒壊する事故なども多く、注意が必要になります。
また、コンクリートを圧搾して解体する場合に粉じんが発生し、周辺からクレームとなる恐れがあるため、外部足場を組み防音防塵シートにて養生し解体時には散水などで飛散防止を行います。

鉄骨造の倉庫や工場

鉄骨造は倉庫や工場など大規模空間が必要な建物に多く、解体作業は鉄骨専用の解体アタッチメントを用いて行います。
解体時に倒壊事故を起こさないよう、順序を考慮しながら解体を行います。解体方法によってはクレーンで解体部材を撤去するなど施工計画での高度なスキルが必要となります。また、鉄骨造では耐火被覆で吹付アスベストが使われていることが多く、撤去前にはアスベスト調査を行う必要があります。

戸建住宅や木造アパート

戸建て住宅や木造アパートなどは、低層住宅での建物が多く、住宅街では近隣と近接した建物が多くみられます。解体作業も内部解体や瓦の撤去は人力で行い、木造構造の解体に関しては小型の解体重機で行います。
比較的木造の強度は低いため、容易に解体が行えることから、施工日数も比較的短くて済みます。

解体事業トップへ戻る