ABOUT SCAFFOLD足場工事について

足場工事とは ほとんどの建築の工事で利用される足場。
そんな足場は職人さんの命綱でもあります。
そんな命綱ことを皆様に少しでも知ってもらうためのご説明をします。

足場工事の種類TYPES OF SCAFFOLDING CONSTRUCTION

一般仮設足場工事

足場仮設工事とは、外壁や屋根など手が届かない場所の作業用に足場を設置する工事です。用途にあわせた材質の足場を設置します。
足場の設置が完了すると、部材が建築現場の外側に出さないように、また、塗料などの飛散防止のために足場の外側にメッシュシートで囲います。

次世代足場NEXT GENERATION SCAFFOLD

次世代足場とは、改正労働安全衛生規則対応の手すり先行工法で、最重量部材でも12~3㎏程度で扱いやすく、作業性、安全性、拡張性に優れた次世代くさび緊結式足場です。部材は軽量コンパクトなので保管や積載運搬などに便利です。また、安全に関する機能が充実しており、厳しい現場基準も対応できる足場です。

枠組み足場FRAMEWORK SCAFFOLD

枠組み足場とは、鋼管を門型に溶接された建枠に部材を組合わせ、積上げて構成する仮設足場です。主に建設現場のビルの外壁面に沿って設置します。

くさび式足場WEDGE SCAFFOLD

くさび式足場とは、くさびを利用することで、盛替え・組み替え作業が簡単にでき、建物の形状に容易に対応出来る足場です。主に足場を設置する敷地が狭い現場や、建物の形状が複雑な現場で使用されます。

特殊足場SHORT TUBE SCAFFOLD

特殊足場とは、地面から足場を組み立てできないところに組み立てる足場(プラント足場、看板足場、吊り足場、橋梁足場)や寺院や歴史ある建物の仮設屋根などあまり見かけることがない足場のことです。

仮囲い工事TEMPORARY ENCLOSURE CONSTRUCTION

仮囲い工事とは、工事現場や資材置き場などの周囲を工事期間中に限り、仮で囲う囲いのことです。関係者以外の立ち入り禁止や粉じんやペンキなどの飛沫防止に利用します。設置基準などが設けられており、工事の規模によって設ける必要があります。

足場工事トップへ戻る